エムドゲインとは?

エムドゲインは、新しい歯周組織再生誘導原料のことで、スウェーデンのビオラ社で開発されました。

エムドゲインの内容物(エナメルマトリックスデリバティブ)は、たん白質の一種で、子どものころ、歯が生えてくるときに大事な働きをします。
歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインを付けることで、歯の発生過程に近い環境を再現します。

こうして、初めて歯が生えたときと同じな非常に強い付着機能をもつ歯周組織の再生を促すのです。

エムドゲイン歯周病はなぜ発生する?

歯を適切な大事な部分にしっかりと付着・支えるための堅固な構造を備えている歯周組織は歯肉(歯ぐき)と歯を支持する骨組織(歯槽骨)、歯の土台(歯根)を覆うセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなります。
だけども、歯磨きが十分でないと、歯と歯肉の間に細菌が定着しプラーク(歯垢)がたまり、その部分に炎症が誘発されます。これが歯周病の始まりです。

エムドゲインを使った治療やり方に関して

●手術の前に
歯周組織の状況を知るには、歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを撮ったり、それ以外の治療に合わせた検査が必要です。

エムドゲインを使った治療ができるかどうかは、歯周病の程度や患者さんの健康状況により変わってしまいますので主治医とよく相談して下さい。

●歯周外科手術
手術は歯を抜くときと同じく麻酔をかけます。一番に治療してもらう箇所の歯肉を切除し、切り離します(図1~2)。

2番目に歯根表面の清掃(図3)、エムドゲインの塗布(図4)。最終的に切除した歯肉部分を縫合(図5)、更に手術は終了です。

所要時間は約1時間前後で、処置後、しばらくの間の休息後あとは帰宅できます。抜歯は手術後2~6週間後に実施します。

歯の土台をおおい、歯周組織の再生を促すエムドゲイン

●手術のあとは
エムドゲインを使った歯周外科手術を受けた患者の留意点はどういったことか。
手術創は速やかな治癒がスタートしますが、術後6週間は手術部分を傷つけることは避けていただくため、手術部分を歯ブラシやデンタルフロスで磨かないようにして下さい。
それに、指や舌で触ることも避けてください。

これまでの義歯の短所をインプラントを備えつけた入れ歯が補完します。隙間なくフィットし、お手入れの楽な磁力を活用した品も出ています。
口の中が乾くドライマウスは、ストレスのせいでなってしまう症例もよくあるので、今後の将来には、仕事の忙しい男性にも症状が出る危険性はかなりあるのです。
数が少ない口腔外科という所は、ムシ歯、歯槽膿漏あるいは義歯の治療だけにとどまらず、口腔内に現れてしまう種々雑多な問題に挑む診療科目だと言えます。
歯垢の事をあなたはどれくらい分かっていますか?テレビやCM等でも毎日のように流れる言葉なので、今まで聞いたことがない、そういう事は滅多にないかと想像されます。
今では広く世間に知られている、あのキシリトールを含むガムの作用による虫歯予防策も、こういった研究の結果から、誕生したものという事ができます。

口臭を防ぐ効果がある飲みものに、コーヒーが有名ですが、あまりたくさん飲み過ぎると口の中がカラカラに乾き、皮肉なことに嫌な口臭の原因となります。
歯の噛み合わせのなかでも前歯が何度も衝突するような場合だと、噛みあわせるたびに衝撃が、上顎骨の前や鼻の骨に集まります。
審美歯科の治療というのは、見た目の美しさばかりではなく、歯列や噛み合わせの修整を行い、その所産として歯牙本来の機能美を取り戻すということを突き詰めていく治療方法なのです。
自分が気付かない内に、歯には割れ目ができてしまっていることもありうるので、ホワイトニングを受ける折は、よく診てもらうことが必要になります。
歯周病や虫歯などが重篤になってから歯科に出かけるケースが、大半を占めますが、病気予防の処置をしにいつもお世話になっているデンタルクリニックにみてもらうのが本当は望ましい事でしょう。

口のなかに矯正装置をはめ込み、歯に一律の圧力を緩めることなく加える事で人工的に正しい位置にずらし、良くない噛み合わせや歯並びなどを修正するのが歯列矯正と呼ばれる治療方法になります。
歯の表層を少しだけ削って白くする研磨剤の入った歯磨き剤は、どちらかと言えばイメージのよくない役割といえますが、歯の再石灰化を促すということは貴重な効力となります。
インプラントによる利点は、入れ歯の悩みを解決してしまうことや、自然に近い歯にしてしまうことや、周囲の歯を守ることなどが代表例です。
いつもの歯のブラッシングをちゃんと行っていれば、この3DSの効能でムシ歯の原因菌の取り除かれた状態が、少なくとも、4ヶ月から6ヶ月くらい安定するようです。
どのような仕事内容の社会人に対しても言えますが、歯科衛生士みたいに患者のいる医療機関に所属する人は、ことさら仕事中の身だしなみに神経を使わなければいけないのです。