口角炎

口内炎はその名のとおり、口の中に炎症ができる病気ですが、口角炎は口内炎の中にある病気の1つで口の表面に見られます。

口の端が切れて痛むのがこの病気の特性です。ここからは、原因や主だった症状、治療法などをご説明します。

どういった病気?

誰しも経験したことがあるポピュラーな病気といえます。風邪を引いたり、胃の調子がよくないときなどに、口角炎に変わってしまうことも経験される方がいっぱいあるのではないでしょうか。

口の両端が切れてしまい、口を開けると痛む、口角炎の原因は、一体何なのでしょう?

ブドウ球菌を細菌類や、カビの一種カンジダ、ウイルス、薬剤など、それ以上に、アトピー性皮膚炎やビタミンB2欠乏症、糖尿病、慢性の下痢みたいな原因もあります。

本質的には子供さんから大人までありとあらゆる年代で発症しますが、その中でもとりわけ小さな子供さんと高齢者に多く見られます。

性別では子供さんでは男の子、高齢者では女性に発症しやすいと考えられています。

主だった症状

主だった症状としては、口の両端のただれ、亀裂、かさぶたがつくなどの状況になります。ただれのことを「びらん」とも呼び、「口角びらん」ともいわれます。

アトピー性皮膚炎から発症した場合は、口唇炎を付帯していることがよく見られます。
それに、口のまわり全体が乾いてカサついた感じになります。

軽い症状の場合は、痛みのせいで口が少し開けにくくなる程度ですが、炎症が進行して重症化すると口が開かず、しゃべることも食事をとることも困難に変わってしまうことも…。

そのほか、赤い発疹、はれなどの症状が出ます。

検査と診断

口角炎に対しても口内炎と同じ様に、問診と視診で割合に容易く診断することができます。ウイルスや細菌に感染して発症したと想定される場合には、細菌培養検査で原因を特定します。

それに、一定の基礎疾患が原因の場合は、その基礎疾患に関して詳しく検査する必要が見られます。
原因さえ判明すれば、たちまち治療をはじめることができます。

治療法

治療法も本質的には、口内炎と同じ、口腔清掃と軟膏を使った治療を実施します。
口を開けるのが苦痛で、歯磨きがいろいろと出来ないときでも口腔清掃をしっかりとするために、うがい薬を使用してうがいするようにしましょう。

一緒に軟膏を使用した治療を行うと、より効き目が見られます。

更に、ブドウ球菌などの細菌が原因の場合は、抗生剤を利用します。
そんな中、他の病気の症状として口角炎が出ているのなら、元になっている病気の治療を行うことで、口角炎の症状も治まります。

予防法

規則適切な生活=納得いくまでの睡眠、栄養バランスのいい食事、適当な運動など…を心掛けましょう。

とりわけ食事の際にはお茶や味噌汁、スープなどの熱いものやワサビ、からし、カレーといった香辛料などの刺激物も出来る限り控えたほうがおすすめです。大阪のホワイトニング歯科で「一番おすすめ!」と言われるホワイトニング歯科医院を探しているなら、大阪のミント歯科医院サイトをご覧ください。

それ以上に、醤油や塩を使った濃い味のものも再発を招いてしまう見込みが見られます。

それから、ビタミンB2欠乏症が一因とも想定されているので、とにかくビタミン補給(柑橘類をはじめ、カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜、ひじき、わかめ、レバー、牛乳など)が何をおいてもの予防法といえるでしょう。

ただ、ビタミン補給のため柑橘系の果物をいっぱい食べようとすると患部がしみて痛みが増加するおそれが見られます。

なので、ジュースなどにして徐々に飲む…みたいな工夫が必要です。

歯のホワイトニングをしないケースでも、歯の割れ目を無視しておくと、象牙質が弱くなり、周囲の空気や冷たい食べ物が当たるたびに痛みが走る場合がままあります。
親知らずを取り払う折に、激烈な痛みを回避できないことが要因で、麻酔を使用しない手術を遂行するというのは、患者さんの体力にとってかなり重い負担になることが予想されます。
糖尿病という側面で考え合わせると、歯周病という病になるがために血糖の調節が至難になり、それにより、糖尿病の病状の深刻化を招いてしまう懸念もあるのです。
歯を矯正することにより外見に対する挫折感で、頭を抱えている人も笑顔とプライドを蘇らせることが実現しますので、心と体の満足感を得られます。
歯のメンテは、美容歯科の療治が完了し想像した通りの完成形だったとしても、おろそかにせずに持続させなければ治療前の状態に退行してしまいます。

眠っているときは分泌される唾液の量が格段に微量なので、再び歯を石灰化する作用が起こらず、口のなかの中性の状況を安定させることが難しくなるのです。
歯の表面を少しだけ削って白く見せる研磨剤が入った練りハミガキは、なんだか不要な役割ですが、再び歯が石灰化するのを助けるということは役立つ効能となります。
口腔内に矯正装置を装着し、歯に一律の力を常時かける事で人工的に正しい位置にずらし、問題を抱えた歯並びや噛みあわせを改善するのが歯列矯正と呼ばれる処置です。
診療機材といったハードの側面においては、現時点の社会から切望されている、自宅訪問する歯科診療の責任を果たす事のできるステージには到達しているという事が言っても問題ないと思います。
歯科でデンタルクリーニングをしてもらうのは、歯周病を招く菌の賦活化を止める効果のあるケアであると、科学的な根拠が示されており、漠然と気持ちよいというだけではないのです。

入歯というものに対して描く負の心情や偏見は、本人の歯牙との使い心地と比べるために、どんどん拡大してしまわれるのだと考察されるのです。
キシリトールはむし歯を阻む作用があるとの研究の結果発表があり、それからというものは、日本を始め世界中のいろんな国で盛んに研究がおこなわれました。
応用範囲の非常に大きい歯科で使われるレーザーは、種類もたくさんあって、これ以外に様々な治療現場で利用されています。これから後は一層の期待が高まるでしょう。
端正で美しい歯並びを望んでいるなら、要領よく美容歯科を得意とする歯科を利用してみてください。腕の良い美容外科医は、全体的なに療治を提供してくれるものです。
審美歯科に懸る診察は、「心配事ははたしてどういったことか」「どういう笑みを手にしたいか」をできる限り相談をすることを基本にして発します。